October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

dim.dim.tile(ディム・ディム・タイル)の試奏、好評でした。

JUGEMテーマ:楽器

dim.dim.tile取付図

*dim.dim.tileの取付の様子です。

 

ひとりで作っていて困ることがあります。

散々開発で使っているので、開発が終わるころには、

リコーダーの演奏はともかく、調整の加減が

巧みになっています。


それがとういう事かというと、初めての人が使えるのかが、

自分では判らなくなっているのです。

そこで、金型の発注を掛ける前や、取扱説明書を作る時

などには、必ずどなたかに試奏して頂いく行程を

入れています。

 

今回は、今までのdim.dim.を使って頂いている方が

良いと思いました。 
前のタイプとすっかり形状が変わったので、

使いにくくなった感じがあって、どうしても自分では

スッキリしません。

 

具体的に言ってしまうと調整箇所が増えたのです。
子ともには使いにくくなっていないかと、不安でした。
ところが結果は、至って好評でした。

 

ゴムの長さの調整をしなければいけなくなったのですが、
それほど苦ではなかったとの事でした。(良かったぁ)

 

改良の目的は安価にすることと、製造のスピード化でした。

沢山の人に使ってもらうにはマストです。

 

そしてもう一つのサプライズ!!!

対応できるサイズが1個で4サイズになりました。
これもお得感ありますよね。

 

とにかく、「試奏」という最終関門は無事突破!

 

でも、ホントに安く出来るのかな・・・・

秋にデビュー予定の「新dim.dim.」です。

JUGEMテーマ:楽器

KOTORI楽器のお約束、「展示会には必ず新しい情報を!」という事で、

今年の秋に販売予定の新dim.dim.の試作品をご覧いただきました。

 

新dim.dim.

上から、テナー、アルト、ソプラノ、ソプラニーノです。

一つで、これらのすべてに使える、dim.dim.です。

 

瓦(かわら)のような形に見えるので、dim.dim.tile(仮称)

と私は呼んでいます。

dim.dim.standardやdim.dim.schoolとは違って、

テスト前や発表会、夏休みの宿題だけとかのちょっと使いに

ぴったりです。

気軽にdim.dim.を試してみたいという方にお勧めです。

 

違いは、左利き、右利き関係無く、どちらでも操作が出来ます。

調整がしにくいかもしれませんが、いつもの音量から、

息だけの音までの音量という変化の範囲は変わりません。

そして、一番の魅力はお値段ですね。

 

展示会で皆様から頂いたアドバイスやご希望も、新dim.dim.に

活かしてまいりますので、楽しみに待っていて下さい。

本日、抽選会で3名様を決定!

厳正なる抽選会を本日実施致しました。

アンケートに答えて頂いた方から、頂戴したお名刺と、

お名刺が無かった方の替りとなるカードを抽選箱に入れて、

その中から、私が無作為に引かせて頂きました。

 

こちらがオリジナルBOX入りのdim.dim.standardです。

当選なさった3名様に、明日発送致します。

プレゼント

KOTORI楽器のブース、今回非常に分かりにくい所でしたが、

今までに無い出会いが沢山ありました。 

見つけて下さっただけで、ご縁があったような気がします。

 

その上、アンケートにお答え下さいまして

ありがとうございます。

KOTORI楽器がBASEだけで販売している、

「dim.dim.standardのオリジナルBOX入り」を

特別感満載で、送らせて頂きます。 

楽しみにお待ち下さいませ。

 

皆さんから頂いたアンケートのご回答を元に、

益々、KOTORI楽器が皆さんの傍でお役に立てるよう

頑張ってまいりますので、よろしくお願い致します。

12345>|next>>
pagetop