August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

秋にデビュー予定の「新dim.dim.」です。

JUGEMテーマ:楽器

KOTORI楽器のお約束、「展示会には必ず新しい情報を!」という事で、

今年の秋に販売予定の新dim.dim.の試作品をご覧いただきました。

 

新dim.dim.

上から、テナー、アルト、ソプラノ、ソプラニーノです。

一つで、これらのすべてに使える、dim.dim.です。

 

瓦(かわら)のような形に見えるので、dim.dim.tile(仮称)

と私は呼んでいます。

dim.dim.standardやdim.dim.schoolとは違って、

テスト前や発表会、夏休みの宿題だけとかのちょっと使いに

ぴったりです。

気軽にdim.dim.を試してみたいという方にお勧めです。

 

違いは、左利き、右利き関係無く、どちらでも操作が出来ます。

調整がしにくいかもしれませんが、いつもの音量から、

息だけの音までの音量という変化の範囲は変わりません。

そして、一番の魅力はお値段ですね。

 

展示会で皆様から頂いたアドバイスやご希望も、新dim.dim.に

活かしてまいりますので、楽しみに待っていて下さい。

量産タイプを予約販売できないか。

予約販売という方法があるそうですね。

色々と縛りもあるようですが、メリットありそうなので検討中

です。

 

公園のリコーダー

写真が量産タイプのdim.dim.です。

装着時はこんなふうになります。

 

演奏家の先生に、事前に見ていただいた時、

「え!量産タイプって聞いてたけど、僕、これでもいいなぁ」 

量産品だから、もっと安っぽいものになって出来てくると

思っていらしたようで、期待?を裏切りました。

 

余談ですが、不安定な橋の欄干に置いて撮影しています。

使っていただいている方はご存知ですよね。

dim.dim.を付けると、笛はころがりにくくなるんです。

音量をコントロールできるツールだけを考えていたので、

正直言って、副産物でした。

 

機能の部分ではスタンダードモデルと同じものにしています。

とにかく、ポリシーは「わたしが自分の子供に渡せるもの」

 

長い目でみれば、リコーダーもランドセルと同じくらいに

長く使います。 3年生から6年生までの4年間です.

 

道具は、使い慣れているものが一番です。

開発途中で簡易的なモデルも考えて試作してみましたが、

設計を簡素にすると、使用感が一定ではなくなってくるんです。

であれば、こうしたある程度きちんとしたものを

長く使うことの方が、練習のためには良いいですよね。

練習を楽しんでほしい道具ですから・・・

 

でも、きちんとした物を、できるだけ安く購入して頂きたい。

できれば沢山の人にというのが、今の私の仕事レベルでは、

難しいことです。

 

そこで、10個セット、30個セット。デザインは統一

そして、次の一手は「予約販売」となるわけです。

 

皆さんには、工場直送で、安くて、品質も良いものが

確実に手元に届くという仕組みです。

予約販売、欠点は待って頂くということ。

どうしようかな・・・・・・・

 

ホームページにちょっと足しました

ご紹介します。私の先生達です。
一番の先生は、ネットでホームページの作り方についてのページを
作っていらっしゃる方達です。 本当にありがたい事です。

ホームページの先鋭fix
おかげさまで、何とか自分で更新を続けてきています。
他の方のページを見ながら、自分のページでも何とか出来ない
物かと独学で何とかやってきました。
何とかなるモノです。
 
今回は、特にウチの仕事をして頂いている方達の素晴らしい
仕事ぶりを見ていただきたくて、lightboxを設置してみました。
マウスのホイールで自由に拡大縮小出来るはずなのですが
そうはなっていません、まだまだ勉強中。

こんなことをしている暇があったら、新しい開発をしたら
・・・と、言われるのですが、頼もうと思うと意外と高いのです。
そして、それは製品の価格に反映しないといけなくなります。
ちょっとした価格への努力なのです。
多少の見苦しさは、お許しください。

先週は発注していたカードが出来てきましたから、いよいよ
今週はBASEのネット販売の窓口を整えます。
海外の販売も考えていて、海外のPL保険も検討に入ります。
今週も販売に向けての準備です。
dim.dim.を、もっとたくさんの方に知ってもらいたいですね。
これからの季節、窓を開けても練習出来るのを知ってもらい
たいなと思うわけです。

 

アルト用「dim.dim.」の準備は着々と進んでいます。

沢山の方からリクエストを頂いていた、アルト用dim.dim.のデザインです。
アルト用dim.dim.
材料の調達も順調で、来年早々にamazonへ出荷出来そうです。
写真の黒とブルーと茶の3種類のデザインで完成品として販売する予定です。
今、アクリル板の色見本を見ていたら・・・・・
ホルダーは、キット同様アクリルと木製の2種類にして、
アクリルは皆さんの想像を超えるカラーにしようと思います。
価格はまだ未定です。 

「dim.dim.kit」を購入して下さった方は、直接商品を手に取られてどうでしたか?
ベルト部分のアクリルテープの質感、手芸をなさる方はお気づきになったことでしょう。
国産でしっかりした物です。 リコーダーに付けてみると意外に主張してくるので
デザインが気になられたのではないでしょうか?
女の子なら、キラキラにデコレーションしても素敵ですよね。 
アルトのベルトも国産のアクリルテープを採用しました。

スペーサーも樹脂にします。このサイズで金属にすると重さが非常にきになります。
樹脂の方が金属より高いんですよね。
現在、量産できそうにはないので、材料の発注数も少ないし、
仕入れ値は期待できません。

でも、安ければ良いからと言って、工業用の黒いちょっと硬めアクリルテープに
弊社のマークがアイロンプリントだったりしたらどうでしょう。
幻滅しますよね。でも、テスト前の1日しか使わなければ充分かな?
何れは両方かしら・・・・






 

8月中にamazonから販売を始める事になりました。


整列

全く予期しない所からのスタートです。

商品の詳細はまだ決まっていません。
現在、いくつかのタイプの試作はできていますが、
量産タイプの製造が出来るだけの、資金調達に保障がありません。
少数であれば何とか・・・・・それでも品切れ必至です。
製品では無く、「キット」の販売にすれば
多くの方に使って頂けるかもしれませんね。
皆さんに買って頂きやすい価格設定に出来るかもしれません。

そうなれば、やはり動画は必要です。
そしてCADも・・・・・

 
12>|next>>
pagetop