February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

勿論、同じものがセットでついてきます。

明るいパッケージ
只今、デザインされたパッケージで届く、新たな窓口を準備しています。

やっとamazonさんから、「中間的な量産タイプ」の販売を始める事ができました。
今までは私がベルトも縫い、レーザーカッターでホルダーのカットまで・・・
すべてが私の手仕事でした。
今回は総てを腕、技術が確かな方達に委ねました。
しかし、何故中間的かと一箇所でまとめて作れるものではないので、
私が設計だけして、作って下さいとは行かなかったからです。

でも、あえてそういう手間暇ところを残す事にしました。
技術の開発も大切ですが、私は実現したいことが他に幾つかあります。

dim.dim.のベルトをご覧になって下さい。
表側の糸の色と裏側の糸の色が違うことに、気づかれた方もいらっしゃると思います。
そして勿論、縫製の良さです。国内の職人の方に縫って頂いています。

常々、思っていたのですが、女性の働き方にはもっと多様性が必要ではないでしょうか。
ブログにも書いてきたのですが、技術を生かして、家に居ながら生計を立てるという道です。
子供を預けずに、働くという選択ができるということです。
そういう方が頑張れる仕組みを作る為に、この中間的な量産タイプは丁度いいのです。

そして製品としても多くの対応が出来るので、私の希望や、お客様へのニーズ対応も
出来るようになります。 
例えば、dim.dim.とお揃いのリコーダーケースも、今までに無いデザインで1個から
作れるのです。

私が自分の子供達に、胸を張って渡せる物を作ろうとすることが、
もしかしたら、世の中で役に立つものを作る根っこになると考えてきました。
そこには、当然、作っている人、使っている人、送った人、送られた人、
すべてに当たり前の笑顔が付いてきます。
そして、この窓口で買って下さった方にも、勿論、同じものがセットでついてきます。


 
pagetop