November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ただいま進行中、無料レンタルの製品化についてのご報告

試作品製作の様子です。
ミシンがけ
JUGEMテーマ:楽器

今までに何個作った事でしょう、あくまで、これは実験の為の道具作りなのですが・・・。
これを使って更に、実験を繰り返しています。 
そして、常にここからの「卒業」を考えてきました。
何故なら「量産」には不向きだからです。

「dim.dim.」のパーツは沢山の種類の材料が使われています。
こんなに小さいのに、布・プラスチック・ウレタンフォーム・・・・・
金属以外、すべての材料サンプルが手元にあります。
(でも、実験には針金を使っていますからね・・・・全部かもしれません。)

子供たちや、楽器に優しくなければいけないと考えると、材料の選択には慎重です。
「自分の子供に使わせたいか」という基準が一番で、
次に楽器を傷つけにくい物であるかどうかに気を配ります。
そして、やはり環境への配慮があるかです。
「音を小さくする」という環境への配慮を謳いながら、実際の自然環境に配慮が無かったら
なんか矛盾していると思うのです。
そんな事を色々考えると、「音を小さくする道具」は簡単ではありませんでした。

ファブレス(工場を持たない製造業)であることの、メリットとして材料選択の自由さが
あります。なので、私の展示会通いは、常に「最善の材料を探す旅」なのです。

そして、「Setagaya Labo」から、いよいよ量産タイプが出来そうになった事をお知らせ
します。これを、無料レンタル出来るようにディレクション中です。
予定は融資が決まり次第、スポンサーが現れたらすぐ? そう、やっぱり資本ですね。
なんとか、年内中の販売を目指して頑張っております。







 

comments

   
pagetop