June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

交換用スポンジのパッケージ出来ました。

JUGEMテーマ:楽器

スポンジのパッケージ

近日、Amazonさんから交換用スポンジの販売を開始致します。

 

これが探していたUVカットのパッケージです。

ラベルもウチらしく、こんな感じになりました。

 

今回の工夫ポイントですが、

表示内容の印刷位置を、私なりに考えてみました。

 

私はとてもそそっかしい性質なので、乾物類の封を切る時に、

うっかり賞味期限を切り落としてしまったりして、

後日・・・・これ、食べても(期限内)良いのだろうか?

という事が起きたりします。

 

私の不注意もありますが、何故ここに賞味期限を印刷?

という位置だったりします。

 

そこで、封を開ける位置からハサミで切り離しても

サイズの表示と裏のホームページのアドレスが

残るようにしました。

 

私のような人が急いで上の方を切ってしまっても、

破れにくいビニール側にサイズも残っていて

これ、中身何だっけ?ってなりません。

 

小っちゃい会社に出来る事は、頑張ってみました。

 

 

 

 

 

スポンジの販売の準備をしています。

交換用のスポンジの販売を始めます。

JUGEMテーマ:楽器

スポンジの付け方

今、ぞの準備をしています。

写真はソプラノ用とアルト用のスポンの部分です。

下のソプラノ用のスポンジが若干黄ばんでいるのが

ご覧いただけますでしょうか。

 

スポンジはdim.dim.に欠かせないものですが、

ご存知のように自然と劣化してしまう性質があります。

特に日光に弱いのです。

 

しかし、dim.dim.の音の良さの理由はこのスポンジです。

 

夏休みの宿題で、dim.dim.作りをして下さった方から

他のスポンジでもいいのかという、するどい質問を

頂きました。

 

「企業秘密・・・・ですが」実験も兼ねていたので、

「他のスポンジとかでも試して下さい。

面白いですよ。 音色も変わりますし、材料によっては

音が出るというより、やたらスウスウした感じがしますね」

 

よりリコーダーらしい音色で練習して頂くためには、

このスポンジはmustなのです。

 

という訳で、交換用のスポンジも作らなければと

思っていたのですが・・・・・

漸く完成。

 

「スポンジの付け方」をネットで見て頂ける準備が

出来たら、販売を開始します。

 

ホームページのリニューアルも、何とか落ち着きました

ので、このページも漸く更新できました。

制作状況、またこちらのページでお知らせいたします。

 

直ぐに改良、小さな進歩

只今、楽器店さん、アマゾンで販売中のdim.dim.アルト用です。

アルト・スタンダード

楽器店さんからの販売が始まって、販売を専門とする方とも

お話できる機会ができました。

そうなると私だけの思いでなく、使う方からのリクエストが

聞こえてくるようになります。

 

もちろんご存知のように、ネットでの販売は既に始めていた

のでこちらから購入して下さった方の声が入ってくることも

あります。

でも「どちらからも、一方通行」という感覚が残っていました。

 

展示会も直に顔を合わせる訳ですが、そこは日本人、

面と向かってダメだしはしてもらえないものです。

 

でも、楽器店さんというのは、とても良い距離感なんです。

直ぐにその場で使って下さって、直ぐに感想が聞けるのです。

良いとか、ダメだとか、こんな風にできないかとか・・・

もです。

 

せっかく聞けたアドバイスです。

作るのが好きで仕事してます。直ぐに作ってみたくなる訳です。

現在、試作していますが、どんなプロトタイプなのかは

企業秘密なので明かせません。

 

こうした試み、個人事業だからできることかもしれません。

 

楽器店さん、試作段階で見られますよ。

アドバイスお願いします!

<<back|<1234567>|next>>
pagetop