May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

星の動き

一時間に15度しか動いてるように見えない星たちも、結構必至なんですよ。
カレイド
動画の製作を予定しています。
予算が問題ですが・・・・取合えずとか
中途半端なものなら作らない方が良いと考えています。、

撮影をお願いしたい会社も、自分の中では決まりました。、
動画の背景に使いたいオブジェのアーティストともコンタクトとれました。
リコーダーとサックスの両方の奏者である方に出演のお話も出来てます。
契約関係をすっきりして、スタートラインに早く着きたいと思っています。

今回チームで動くので、途中で辞めたは出来ません。
私の撮りたいものは決まっているので、
チームに正確なイメージを伝える必要があります。
ならば、やはり絵コンテを作ることです。
視覚に訴えるものは、それが一番わかり易くてよく伝わります。

仕事と関係なく「絵を描くこと」も大好きです。
ちょっと楽しみ過ぎてなかなか着手できません。
没頭したいので、その時間を作りたいのですが、
ここ最近、別件もなかなか面白いのです。
それは、やっと収入につながりそうな、小さな種です。

仕事はこんな風にいくつか並行して進んでいます。
どれも全力なのですが、ジャンルが多すぎて、
其々の窓口の方は「遅いなぁ〜」と思っているんだろうな・・・・。
どうぞ、お許し下さい。お盆も休まず仕事してます。

ただいま進行中、無料レンタルの製品化についてのご報告

試作品製作の様子です。
ミシンがけ
JUGEMテーマ:楽器

今までに何個作った事でしょう、あくまで、これは実験の為の道具作りなのですが・・・。
これを使って更に、実験を繰り返しています。 
そして、常にここからの「卒業」を考えてきました。
何故なら「量産」には不向きだからです。

「dim.dim.」のパーツは沢山の種類の材料が使われています。
こんなに小さいのに、布・プラスチック・ウレタンフォーム・・・・・
金属以外、すべての材料サンプルが手元にあります。
(でも、実験には針金を使っていますからね・・・・全部かもしれません。)

子供たちや、楽器に優しくなければいけないと考えると、材料の選択には慎重です。
「自分の子供に使わせたいか」という基準が一番で、
次に楽器を傷つけにくい物であるかどうかに気を配ります。
そして、やはり環境への配慮があるかです。
「音を小さくする」という環境への配慮を謳いながら、実際の自然環境に配慮が無かったら
なんか矛盾していると思うのです。
そんな事を色々考えると、「音を小さくする道具」は簡単ではありませんでした。

ファブレス(工場を持たない製造業)であることの、メリットとして材料選択の自由さが
あります。なので、私の展示会通いは、常に「最善の材料を探す旅」なのです。

そして、「Setagaya Labo」から、いよいよ量産タイプが出来そうになった事をお知らせ
します。これを、無料レンタル出来るようにディレクション中です。
予定は融資が決まり次第、スポンサーが現れたらすぐ? そう、やっぱり資本ですね。
なんとか、年内中の販売を目指して頑張っております。







 

進化する楽器

カーボンバイオリン
JUGEMテーマ:楽器
楽器はその形だけで充分に美しい物です。
このバイオリンは「教育ITソリューション」という展示会でKORGが出展していました。
カーボン・ファイバー製 Made in Germanyです。
木製のバイオリンとは異なる美しさで、そして、確実に強くなりました。
軽いのですが、安っぽさはありません。
材料が判っているせいか、扱っていて安心感がありました。



ただ、サウンド・ポスト、ブリッジ、ペグ、顎置、テイルピースは木製だそうです。
何故だろう・・・・・・・。
KOTORI楽器の準備室に良い材料ありますよ。
そんな研究もしております。
<<back|<456789101112>|next>>
pagetop