June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

楽器フェア2014に出展します。

 当たり!
こんなふうにツイている事もあるので、悲観的になる必要はありません。
そう、まだ何も始まっていなというそれだけです。

銀行との交渉は見積が揃わないと進めようがありません。
だからと言って何もせずに待っていられる状態ではないので、
お金が無くても出来ることしています。
融資が決まらない以上、控えめな判断も必要ですが、
「しない」とか「やめる」とかは考えるべきではないと思います。
そう、何処かに着くためには止まってはいけないからです。

まずは、楽器フェア2014への出店はいたします。
そして、その準備を始めていますので楽しみにしていて下さい。
規模は縮小しますが、内容が濃いものになることはお約束いたします。
良い音楽も一緒に届けられそうですし、期待以上の沢山の出会いがありました。
そう、シュークリームの当たりくじは伊達ではないのです。

 

融資待ち

白梅b
梅も散って桜も咲きました。
近所のハナミズキも咲き始めました。
つまり・・・・・待ち遠しいです。
ご心配いただきましたように、助成金が採択されたところで、
融資はまた別のものです。
特に「製造」という分野の選択なら、即金性のある工夫が必要でした。
たとえ、ビジネスプランが合格を満たしていても、
それとお金は、当然別な問題なのです。

あ、もし創業補助金の担当様、このブログが目にお留まりでしたら
お願いがございます。
日本の製造業の発展をお望みであれば、「金型代」を補助の対象と
してはいただけませんでしょうか? 最初の一個目だけでいいのです。
案外これさえできれば他はどうにかなるくらいです。
「試作品製作費」との二択にして、どちらかを選んだ片方だけで充分だと思います。
ちっとも欲張りな提案ではないと思うのですが、きっと理由があるのでしょうね。
製造にとって「金型代」はサービス業の「お店」と一緒です。

それでも、何も無いよりは便宜も図られ決して遅くはないペースです。
このプランの割には・・・・・それにしても取引先の皆さま、
お待たせして申し訳ありません。


 

初めて出展しました。

ブースに立ち寄って下さったみな様、ありがとうございました。

ブースのアップ
ちょっと近づいてみると、こんな感じです。   
今回の目標は2つありました。
一つは「CIの展開の実験」と「音の小さくなる仕組み」のご紹介でした。
間に合えば、何とかしたかった「dim.dim.」の試作品のご紹介もできました。 
本当の意味で総て手作りのブースです。
100円均一ショップ、ホームセンターで材料を調達して作りました。
「dim.dim.」についてはできる限り頑張ってみました。
角カンは3Dプリンターで作ったものを表面処理して、アクリル塗料で仕上げました。
ベルトは布からミシンをかけてく作って、ロゴマークはアイロンで転写しています。
次回からは少しづつ本物をプラスしていく事ができると思います。
  

  
  
 
<<back|<56789101112>|next>>
pagetop